081275
店長のぼやき

トップに戻る


言い訳2017/12/31(日曜)


言い訳は今年のうちにしとこ!


今年はなぜか、ボケたのか…

いやに年賀状が早くに書き上げられそうだったのでえ?と思って注文枚数を見るとなんと!いつもの半分以下(暑中見舞いの枚数と間違えたようだ)


なんてこった!


ということで年賀状が届かないみなさま本当に本当にごめんなさい



ほんとうにほんとうにごめんなさい


どうぞ来年もお見限りなくよろしくお願いいたします

m( -д-)m



三浦と忘年会の写真2017/12/10(日曜)


何とはなしの思い出?


忘年会2017/12/10(日曜)


こんな感じ

もう3行で片付けます!

(≧∇≦)/ ハハハ



ツーリングのこと 12017/12/04(月曜)

自宅のパソコン脇のクリアーBOXの中からいつも私を見てくれている「お守り袋」があります

2006年に私が膠原病で入院した時お見舞いにいただいたものです

忘れられない7人の方たちのニックネームが刺しゅうされています


この方たちは、免許を取って間もない、BIKEに乗ることが面白くてしようがないというパワー炸裂する2人の方に引っ張られていました


毎週のようにいろんなところに、楽しそうなツーリングや講習会やに行っていらっしゃいました

少しづつお店の仲良しさんを増やして楽しいツーリングを目指されているようでした
それは普通のBIKE好きとしたらとても素敵なことです


でも、店のツーリングの主催者である私が呼ばれることはありませんでした、しかしながら、なぜか当店のスタッフ全員楽しそうに参加していました


スタッフはそのことについては私が聞くまで何も言いませんでした

私はそれらのことには、店のツーリングのことや新店の方向のことも考えかなりのストレスを感じていました


おまけにある時、何か言葉の行き違いか何かあって、元気いっぱいのお二人からすごいお説教をいただきました

私の主催するお店のツーリングはやり方が古いと…


それは私にとってかなり悲しいお言葉でした


いきなりやり方が古いとか言われても…


後で考えると、ではあなた方は初めてBIKEに乗るときにドキドキしませんでしたか?と言いたかった…

どんな人でも、時代が変わったとかBIKEが変わったとか言おうが、初めてのドキドキはいつの時も変わらないと思います


私はそのドキドキを大切に思っているのです


でも、あなた方が楽しいBIKEライフを送ろうとされていることには異議ははありません…よって何も言うことはありませんでした


しかしながら、自然の成り行きというのか、そのうちのお一方は中野店には立ち寄らなくなり北沢店にのみ行かれるようになりました、追い打ちをかけるように、人を介した言葉に誤解が生じ、とうとうお店から離れてしまわれました、私も追いませんでした…


私としてはとてもショックで悲しいことでしたが、あのままでは店にも双方にもよくなかったと今でも思っています



前置きが長くなりましたが、私はただお客様を集めて楽しいツーリングだけをしたかったわけではありません


ツーリングのこと 22017/12/04(月曜)


店のトイレにある写真ですが、これは「北沢ツーリングクラブ KTC」時代のものです
参加者全員KTCと書いたベストを着用していました




私は、BIKE屋になる前のお客時代に(有)シロタモータースとともにあった「北沢ツーリングクラブ」の皆様に育てていただきました


もともと「北沢ツーリングクラブ」は、暴走族全盛時代、普通にBIKEに乗ろうと思っても近所から白い目で見られ、BIKEに乗るやつは不良だとかいろいろ肩身の狭い思いをしていたところ「(有)シロタモータース」に集うお客様と店主が、自分たちは好きなBIKEで人様に迷惑をかけないで健全なモータースポーツを楽しみたいのだからそのようなクラブを作って、BIKE乗りを世間に認めてもらおうじゃないかと始められたようです


もちろん、当初は女子はいませんでした
女子の初参加は、お世話役の奥さまと私と近所の女子と3人だったかな?

このあたりから本格的に初心者育てが必要になったのではないかと思います


トップ、ナビ、伝令、ケツ、メカニック
それぞれが自分の役割を全力でまとうされていました


お世話役は毎月ミーティング
ツーリングももちろん毎月
毎月30台以上集まっていました

そんな、いい大人がみんな真剣にBIKEのイメージアップや安全走行に取り組んでおられました


参加者一人一人に目を向けて班編成したり、アドバイスしたり
私はそんな空気の中で育てていただきました



ツーリングのこと 32017/12/04(月曜)


この写真は、私が初め通っていた吉祥寺の「Jha」というBIKE屋の女性だけのツーリングクラブ「ジャフィー」のみなさんとです。まだCB250RSZに乗っていました




ある程度すると、私も成長したのか生意気になったのか

ふと、女子は特別扱いされているような気がするようになりました

一人前に何か言っても何だか「ふふ…そうだね」みたいな妙なものを感じました


それを自分なりに考えました

まだ30何年も前のことです

女子もみんな若かった、BIKEを倒しても「いや〜ん!」とか言っていればみんなが寄ってたかって起こしてくれました


そんな状態で何か言ったところで誰が一人前として聞いてくれるのか


クソまじめな私は、そのことに気づいてから「これではだめだ!」と思いました


「北沢ツーリングクラブ」の中に女子だけのチームを作ることを宣言したところ、分裂を危惧してか大反対されました

なぜ女子チームを作るのか私なりにお話ししました


BIKEを倒しても自分で起こす、倒して曲がったレバーとか簡単なことは自分たちでなおせるるようになる、自分たちで走るチャンスを作り「北沢ツーリングクラブ」で走るときも迷惑をかけないよう訓練する


そして、決して男子は混ぜない、自分たち女子だけの力で行って戻ってくると宣言のもと「STEP」というチームが成立しました


その後「STEP」は10年位続けました

「北沢ツーリングクラブ」で行くのも「STEP」で行くのも本当に楽しかったです


5人が核になって始めた女子チームも総勢20名近くにはなっていたかと思います

みなさん、あまりに楽しかったのでしょう


最後のころは「STEPの」という名の仲良し飲み会ばかりが盛り上がり、ツーリングには来ない人もいたり

私としては非常に残念でした、あの初心はどこへ行ってしまったんだと…


何年もたつとそれぞれに成長もあったり、環境も変化したりいろいろあるとは思いましたが


私はやはりクソまじめ、とうとう堪忍袋の緒が切れました「STEPという名前を返して!」と叫んでチャンチャン!です


ツーリングのこと 42017/12/04(月曜)


これは2005年頃の「MOTOMOTO」だと思います





そして(有)シロタモータースから独立してここ中野にお店を開店させていただきました


ここでも私はツーリングを始めました

最初は小人数でもいい、少しづつ増えて行けば…と


そして、私はいつの時も、初めてBIKEに乗る人や、BIKEに慣れていない人や、ツーリングに行ったことのない人や、人とつるむのがニガテだとかとかいう方たちが、それでも何とはなしに来てくださるようなそんなツーリングを主宰していきたいな…と思いました


私一人の力ではそのあたりまでしか考えられません、それ以上はご参加くださる皆様のお力で引っ張っていただいています


みなさんが成長していかれるうちには、バリバリ走りたいとか、それほどでなくてもそこそこ速くとか、のんびりとかいろいろあると思います


そんな思いを汲み取れれば…と思っているのですが…


シロタモータースツーリングは、「北沢ツーリングクラブ」とは違って自主的に世話役を作って始めたものではありません、長くBIKEに乗ってこられたり、ツーリングを長くやってきたりしてノウハウを持っているとかそんな、シロタモータースを贔屓に思ってくださるお客様にお願いしてお世話を手伝っていただいています、ありがたいことです


私としては基本、慣れない人も、慣れている人も、みんなで助け合って安全に楽しくツーリングに行って来られたらいいなと思っています



ツーリングのこと おしまい2017/12/04(月曜)

昔、「北沢ツーリングクラブ」が無くなった後、お世話役の方に「お世話をおかけしてすみませんでした、ありがとうございました」と言ったら「そんなことはどうでもいい、もしあなたが本当にそう思っているなら、こうしてみんなでやってきたことをいつかどこかで何かの形で後続に伝えてくれ」


カッコいいですよね


でも、その言葉で動いてきたわけではありませんが、過去を振り返ると、いろんな皆様への感謝とともに、そんな言葉も思い出されてきます


私は私の能力なりでしかありません、でも、みなさまに大きく助けていただきながら現在も歩かせていただいていると思っています



長々読んでくださってありがとうございました!



お宝2017/11/07(火曜)


先日、お客様から貴重なお宝品をいただきました


いくら昔のものでも素人が扱うにはちょっと…ビミョウかと思い、心当たりのマニアなお客様に連絡をしたらすぐにいらしてくださいました

大喜び!趣味のミーティングが年1回あるのだそうです


今は日立だそうですが、以前の鈴鹿ミーテイングならこんな品々涎ものな方々がたくさんいらしたようです

とかおっしゃりながら重い品々を一気に抱えてお帰りになりました


小川店長さん、こんな優しそうな白バイさんならこちらの言い訳もニコニコしながら聞いてくれそうですね、でも最後はしっかり切符も切ってくれそうです

(先生!あご紐!あご紐!)ヾ(@^∇^@)ノ アハハハ


そぼろちゃんは、この何十年もののアライヘルメットの箱がお気に入りとか



雁坂トンネル2017/10/20(金曜)


いつぞや行ったのは何年前だっただろう…

まだ福田さんがご健在だったころだ

福田さんが「雁坂いこうよ〜」と言われて、「ああ、まだ行ったことないな」と企画したことを思い出します


先日の水曜日、万が一台風がヘソ曲げたら…と下見しておきました



花園ICで降りて皆野寄居道路(R140のバイパス)を通りましたが、いつぞやワラジカツを食べに行った帰りに通りましたが、その時より伸びていました


よって、降りた途端キョロキョロ


ここはどこ???

まだ地図にも載っていないそうです、コンビニのお姉さんが親切に教えてくださいました


R299を横瀬方面に戻ってR140に入るのですが、この方向からの看板ナシ!


で、今度はR140を逆方向に…Uターンでもどりましてやっと大滝方面に向かうことができました


あとはひたすら大滝〜雁坂へ


しかし、道の駅いぱ〜い! 立ち寄っただけで「道の駅ちちぶ」「道の駅あらかわ」「道の駅大滝温泉」「道の駅みとみ」


このコースいいですよ、いつか行きましょう!

大滝ダムの先は紅葉も始まっていました


雁坂トンネル6,6キロメートル、どこかでこんな距離のトンネル走ったことあるなぁ…と思ったら アクアトンネルに次ぐ長さだそうです


まぁ、R299の一部とR140のごく一部で地元買い物渋滞が少しあるかもしれないけど、おおむね快適ツーリングルートですね


ご飯は雁坂を出た後の「道の駅みとみ」かな?

それとももう一走りして恵林寺近辺かな???


という具合でした







[直接移動] [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10]
投稿画像の表示サイズを変更できます
管理者用

- Joyful Note -
- JOYFULYY v2.50 :Edit by Yamamoto -